CAVI検査

このたび、当院の動脈硬化を検査する機械が新しくなりました。

従来の機械は、心臓の拍動による血管の振動(脈波)の伝わる速度(脈波伝播速度 PWV)を測定して動脈硬化の程度の指標とする方法でした。

今回新しく当院に導入された機械は、PWVからCAVIという指数を算出して動脈硬化の程度の指標とする方法です。



CAVIの検査方法の特徴

1.測定対象とする血管は心臓から足首まで
測定する脈波伝播速度(PWV)は、脈波のスタートである心臓弁の開放した時から、足首に到達するまでの、標準法とされている大動脈原法に即した測定方法と言われています。(従来の方法は、対象血管の始まる部位が不明瞭で、どちらかというと下肢の血管を反映していると言われていました)
2.血圧依存性を抑える
CAVIは、血圧に影響を受けない生体の物性を現すβ法という理論に基づいて算出された指数となります。(従来法では、血圧の変化によって測定値も変化すると言われていました)
3.血管反射神経の影響を抑えた測定方法
血圧を測定する時、両手両足首を左右別々に測定することで、血管反射神経による血管のけいれんの反応を抑えています。


動脈硬化度を評価する場合、2つの指標で検査結果を評価し被検者に説明します。

1つは、表のようにCAVI値に対する評価です。

2つめは、下の年齢グラフで表すように、血管の相当年齢です。


CAVI値に対する評価
CAVI値診断基準
11今回の検査では所見が認められます。
血管が硬くなっている状態です。
10
9以上
9未満境界ゾーンです。
8以上
8未満今回の検査では異常はありません。
血管が柔らかい状態です。

血管年齢は、血管の老化の度合いを示すには非常に説得力のある指標ですが、重要なのは測定結果がいき値(血管障害が起こるリスクが高くなるCAVI値)を超えているかどうかです。


今回のCAVI測定値(縦軸)と被検者の実年齢(横軸)の交差する所に丸印●をマークします。

相当年齢は、計測値から実年齢と標準偏差を考慮して求め、下矢印線で相当年齢を示します。

左右のCAVIを測定した場合には右足を黒丸●、左足を緑丸○で表示しています。


血管年齢判定グラフ

CAVI



2013/3/15発行

検査室

CH50とは

CH50と聞いても、検診等で行う項目でもありませんし、馴染がある方は少ないかと思います。CH50とは、補体と呼ばれる値の一つです。


補体とは

体内に侵入してきた病原体と戦う生体反応を補助するタンパク質の一群を示しています。補体には20種類以上の成分があり、普段は不活性の状態で血液の血清中に存在し、体内を循環しています。

病原体に接触することで最初の補体成分にスイッチが入り、次の補体成分、さらに次の補体成分へとドミノ倒しのように次々と反応が進んでいきます(カスケード反応)。この反応には3つの経路(古典経路・レクチン経路・第二経路)がありますが、最終的に、病原体の表面に補体が集合して穴を開けます。その結果、病原体は融解され、排除することができるのです。


CH50とは

ある条件のもとで測定した補体の活性量をCH50といいます。CH50の"C"はcomplement(補体)の頭文字で、50は検査方法に由来しています。具体的には、羊の赤血球を用意し血清と混ぜ、50%溶血させるのに必要な血清の量から求めます。現在はこの変法が用いられて、自動分析器で測定しています。


CH50値で分かることは

当院での基準値は36〜60U/mlです。

補体は病原体の感染防御を担っており、少なくては感染しやすくなってしまいますし、かといって多すぎても壊さなくてよいもの(自分の細胞)まで壊してしまうため問題があります。

補体成分には感染が起こったときに増えるものがいくつかあるため、急性感染症や炎症がある際に高値を示します。消費されてしまって少ない場合と、もともとの生産が少ない場合には、低値を示します。自己免疫疾患や膠原病がこの前者にあたります。補体の値は炎症の目安に用いられ、免疫病の診断補助になります。急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などは後者にあたります。補体は肝臓で生産されるため、肝臓の機能が低下していると、生産されにくく低値を示します。


当院では

CH50-0とCH50-72という形で2回測定を行っています。CH50-0は、採血後速やかに(0時間で)測定し、CH50-72は、採血後低温で72時間保存後(3日後)に測定した結果になっています。

肝疾患、特にC型肝疾患の方では、低温にて血清を保存しておくと、C型肝炎ウイルス感染の誘導により生成されるクリオグロブリンと接触し、カスケード反応が進んで低値を示すことがあります(CA:コールドアクチベーションと言います)。

CH50-0とCH50-72を比較した際、数値が低くなっていたらCAが起きているということになり、C型肝炎ウイルス量の量的変動の目安や肝炎症状の診断補助に用いられています。




2012/9/15発行

検査室

グルコアルブミン(GA)とは

はじめに

2011年6月1日より診察前検査項目にグリコアルブミン(以下GA)が加わりました。簡単に言ってしまうと、ヘモグロビンA1c(以下HbA1c)と同等の項目で、糖尿病の血糖コントロールや治療効果の確認のために検査します。GAとはなにかHbA1cとの違いなどお話させていただきます。

血小板とは

血小板とは、血液中に含まれる細胞成分の一つで、その作用は、血管が損傷した時に、その部分に集まって傷口を塞ぎ、出血を止める働きをしています。怪我をした後に自然に血が止まるのは、血小板が正しく機能している証拠と言えます。


血小板は、骨髄中の巨核球という大きな細胞の細胞質がちぎれた破片からできる直径が2ミクロン程度の小さな細胞で、骨髄を出てから10日間ほど血液中に存在して体内を循環し、最後は脾臓で壊されます。


血小板の異常には「数の異常」と「凝固機能の異常」の二つがあります。血小板の数が通常よりも少なくなり、10万/μl以下となる状態を「血小板減少症」、血小板の数が多くなり、40万/μl以上となる状態を「血小板増加症」といいます。凝固機能の異常には、血小板の中に含まれている各凝固因子の欠損や発現の異常、あるいは血小板そのものの機能異常により、血液が固まりにくくなるものです(血小板の数が減少したり、その機能が低下したりすると、出血が止まりにくい、ちょっとしたことで青あざができる、鼻血が出やすい、歯肉から出血しやすい、などの症状がでてきます)。


数の減少の原因は、血小板の産生能力の低下によるものと血小板の寿命の短縮によるものの二通りに大きく分けられます。骨髄での血小板の産生能力の低下をもたらす疾患として、再生不良性貧血・急性白血病などがあります。また、寿命の短縮をもたらす原因疾患として、血小板の破壊の亢進による、肝硬変・バンチ症候群・全身性エリテマトーデスなど、利用の亢進による、播種性血管内凝固症候群などがあります。


逆に、血小板の数が多くなりすぎると、血液が固まりやすくなり、血液が固まってできた血栓が血管をふさいで、脳梗塞や心筋梗塞などの危険性が高まります。その原因疾患として骨髄機能自体の異常である一次性増加症(本態性血小板血症・真性多血症・慢性骨髄性白血病など)と二次性増加症があります。


肝臓は、血小板を増やす働きのある物質を製造していて、肝臓の働きが悪くなると、この物質(トロンボポエチン)を作る能力が低下して血小板の数が減少します。また、慢性の炎症により肝臓組織の繊維化が進み、肝臓内の循環血液量が減少すると、脾臓の循環血液量が増加し、脾臓の血小板を破壊する機能が亢進して血小板の数が減少します(これを利用して、肝臓組織の繊維化進展度の評価法に使われています)。このように、肝臓の障害の程度と血小板の数は大きく関係しています。




2011/3/15発行

検査室

C型肝炎ウィルスの遺伝子型

持続感染する肝炎ウイルスには前回述べましたB型肝炎ウイルス(HBV)に加えてC型肝炎ウイルス(HCV)が有ります。HCVはHBVとは異なり、成人でも感染すると持続感染に移行しやすいという特性があります。またHBVの感染が主に母児間感染などで成立してきたのに対して、HCV感染は薬物常用者などの麻薬の回し打ち、刺青、あるいは輸血、医療や民間療法での不適切な処置などによる感染者が多くを占めているとされています。ここではHCVの遺伝子型(ゲノタイプ)に関することを述べます。HCVのゲノタイプの分類もHBVと同様にHCVの核酸(RNA)を構成している塩基配列の似かより方の度合いで分類しています。現在では大きく11種類のゲノタイプ(1型〜11型)に分類されていますが、さらにそれぞれのゲノタイプの中でもう少し細かく亜型(サブゲノタイプと言われ、例えば1a、1bなどと分類)として全部で100グループほどになっています。


世界でのHCVゲノタイプの分布を見ますと、ゲノタイプ1(1a、1b)は割合が最も高く(全体の約60%)全世界に分布していますが、日本や欧州あるいは北米などでは、他のゲノタイプに比べて高い割合で感染しています。次いでゲノタイプ2も世界的に広がっています。また、ゲノタイプ3も見られますが、東南アジアに相対的に多くみられます。


ゲノタイプ4は中東や中央アフリカあるいはエジプトから見出されていますし、ゲノタイプ5は南アフリカから、そしてゲノタイプ6〜11はアジアから報告があります。


日本ではHCV持続感染者が200万人ほどいると推定されていますが、持続感染者のうち、ゲノタイプ1bが70%ほど占めておりゲノタイプ2aが20%、ゲノタイプ2bが10%程度の割合です。


HCVのゲノタイプに関連して、ゲノタイプの分類法とは違った、しかも簡便な検査法を用いた分類としてセロタイプがあります。セロタイプはHCVに感染した人が作り出すHCV抗体と呼ばれる蛋白質を検出することによる分類で、ゲノタイプとセロタイプの関係は次のようになります。ゲノタイプ1が感染した時に作り出されるHCV抗体を保有するグループはセロタイプ1、ゲノタイプ2が感染した時のHCV抗体を有するグループはセロタイプ2と名付けられます。前述しましたように、日本ではHCV持続感染者はゲノタイプ1b、2a、2bを合わせてほぼ100%ですので、セロタイプ1抗体が陽性となった感染者はゲノタイプ1bのHCVを保有し、セロタイプ2陽性となった人はゲノタイプ2aあるいは2bの感染者と推定しています(ゲノタイプ2aと2bをセロタイプでは実用的には分けられません)。


HCVゲノタイプの臨床的応用の一つとして、抗ウイルス薬剤の治療効果の推測などに使われています。HCV感染者の抗ウイルス薬剤による治療効果もHBVの時と同様にゲノタイプによって違いが出ています。ゲノタイプ2aと2bとの間では治療効果は同じような成績を示しますので、日本ではセロタイプ1(ゲノタイプ1b)とセロタイプ2(ゲノタイプ2a或いは2b)の間でよく対比されます。HBVの場合もそうなのですが、抗ウイルス薬剤の治療効果といっても、患者の年齢、性別、ウイルス量の多寡が大いに関係してきます。それに加えてゲノタイプ(セロタイプ)の関与がみられます。見易くするために、年齢分布、性別の割合やウイルス量の分布をある程度同じにして、ゲノタイプ(セロタイプ)だけで分類して治療効果を見ますと、現在一般的に施行されているインターフェロンとリバビリンとの併用療法では、治療後にウイルスが消失する割合は、ゲノタイプ1b(セロタイプ1)では50%程度ですが、ゲノタイプ2a或いは2b(セロタイプ2)は80%以上と高い割合を示します。このように現時点ではゲノタイプ(セロタイプ)によっても治療効果が異なりますので、治療を進める上でHCVゲノタイプ(セロタイプ)を調べておくのは意味があることかと思います。


現在の治療法の効果にはゲノタイプ(セロタイプ)によって差が見られますが、新薬も開発されつつありますので、近い将来ゲノタイプ1b(セロタイプ1)でも治療効果が一層高まると思われます。




2009/9/15発行

検査室

B型肝炎ウィルスの遺伝子型

B型肝炎ウイルス(以下HBVと略します)の感染は地球上に普く見られますが、特にアジアやアフリカでは高い感染率を示しています。世界全体では約3億5千万人のHBV持続感染者がいると推定されていますし、日本では約150万人いるとされています。またこのウイルスの長期持続感染の後に、一部の感染者(10%程度)から慢性肝疾患(慢性肝炎、肝硬変、肝ガン)が出現していますが、これが医療における重要な課題の一つとなっているのはご承知のことと思います。この欄ではHBVの遺伝子分類について述べます。


HBVの遺伝子は約3200個の塩基が繋がってできていますが、その分類の仕方は、各感染者からHBVの核酸を精製して、その塩基配列(並び順)を決めます。そして互いに同じ位置の塩基をそれぞれ比較しますと全てが同じではなく此処彼処が違っています。その違いが互いに8%(約250個)以上異なっている場合を違った遺伝子(ゲノタイプ)としています。現在ではゲノタイプAからHまでアルファベットをつけて8種類に分類されています。ゲノタイプを分類する意義は、各々の地域で多くのHBV陽性者のゲノタイプの分類を知ることにより、民族の移動などが大まかに推定できますし、またHBVは人から人へ感染した場合、感染源のHBVゲノタイプと被感染者のゲノタイプの比較によりその感染経路が解明出来ることがあります。一方個人レベルでは、長期間の持続感染後に肝臓病へと進展する速度が、感染したHBVゲノタイプにより異なるので、将来への経過の予測、あるいは治療を行なっている場合では薬剤の治療効果の予測などで、これらにゲノタイプが医療への応用として役立つと考えられています。


HBV感染は世界中でみられますが、地域によりHBVゲノタイプの種類及びそれぞれの頻度が偏って見られます。たとえばゲノタイプAとDは欧州と北米に、ゲノタイプBとCはアジアに、そしてゲノタイプE・F・Hはアフリカや中南米に、それぞれ占める割合が多くなっています。日本の場合では、ゲノタイプBとVの2種類の感染が維持され、前者が約20%、後者が約80%を占めていますが、詳しく見てみますと地方によってゲノタイプBとCの割合が異なります。即ち九州や中国地方等の西側では殆どがゲノタイプCですが、関東から東北に掛けては徐々にゲノタイプBの割合が増えていきます。一方で、沖縄地方はゲノタイプBで占められ、本土とは異なっています。近年、欧米などに感染しているゲノタイプA(成人で感染しても感染者の10%程度が持続感染に移行します)が少し増加傾向にあり、感染の拡大に注意すべきです。


次にゲノタイプと肝炎との間にどのような関連があるでしょうか。日本のHBV感染の殆どは、ゲノタイプBとCのどちらかに分類されますので、この両者を比較してみます。成人で感染すると、多くは自覚症状なく治癒しますが、一部の人は典型的な急性肝炎となります。その中でも症状の重い劇症肝炎におけるゲノタイプBの割合(41%)は持続感染者での割合(20%)に比べて多く、ゲノタイプCより重症化する傾向があります。いっぽい持続感染者ではウイルス量の指標となっているHBe抗原(HBe抗原陽性ですとHBV量が多い)はゲノタイプBの方がゲノタイプCよりも早く(若い時期に)陰性化し、ウイルス量が若年期から低い状態が続きます。この故かゲノタイプBの感染者では、慢性肝疾患に進行する速度が遅く、慢性肝炎、肝硬変、肝ガンへと進行するにつれ、ゲノタイプCの割合が高くなる、という疫学的調査結果となっています。このように、持続性感染者の自然経過ではゲノタイプCが慢性肝疾患に進展する割合が高いのですが、慢性肝疾患に対する治療に関してはゲノタイプ別で違いがあるのでしょうか・現在、慢性肝疾患の治療に抗ウイルス作用や免疫増強作用を示すインターフェロンやウイルス増殖に要する酵素の阻害剤であるラミブジンなどが使われています。これらの薬剤を一定期間使用後、治療効果にウイルス量の指標であるHBe抗原の陰性化率をとるとゲノタイプBの方がゲノタイプCよりも2倍程高い、すなわちゲノタイプBの方が薬剤に対して反応性が良いという結果が得られています。そのため、治療に際しゲノタイプを見ておくことは意味があろうかと思います。今後も投与方法や薬剤の種類など治療方法も改良されていますので、ゲノタイプCにも効果が一層上がるような治療法が期待されると考えます。




2009/7/15発行

検査室

| 1/1PAGES |

カテゴリー