在来食を見直す 昭和前半「ぴんぴんころり」の食事

日本の食事が長寿の食事と世界の注目を集めて久しい中、実際の日本の食卓は日本食とは言えず、国際色豊かな食事になっています。今後日本人の平均余命は短くなっていくだろうと予想されている中、最後まで健康でいられる食事を、近代の日本食の変化と共に考えてみたいと思います。

日本は農耕民族です。農業を営みながらの生活では食事の変化はさほどなく、戦中戦後の食糧難以外の高度経済成長期前まではご飯に豆・豆製品、野菜の煮物、漬け物、みそ汁というように、食事の容積の半分をご飯が占め、半分がおかずでした。現代のような肉・卵・魚が毎食のように食卓にのぼる事はありませんでした。

昭和30年代、産業の発展と分業化が進み、農業も生活から離れてゆきました。さらに産業が加速した現代、昼夜問わず操業する仕事も多くなり、生活リズムが乱れ、仕事自体が健康的な生活への大きな障壁となることがあります。栄養指導をしていて多く見受けられるのは、朝食を食べず午前中に間食をする、晩酌による夕食の菓子化、休日の外食・インスタント化です。


飽食時代の現代は、調理・片付けをする手間をかけずに、買って食べるだけの食事が金銭で買える時代です。外食や中食は購買意欲が湧くよう食欲に忠実であり、高タンパク・高脂質、あるいはひどく糖質に偏っています。それでも、味・見た目良く仕上がって簡便に摂れる食事に人は満足し、それを毎日の食卓にも求めるようになりました。冷凍技術も進歩し、驚く程おいしい料理を家庭で簡単に食べられるようになり一層豊かに思える食事ですが、これらの過剰な利用は簡便さや時間の余裕を得るために、健康を代償にしています。なぜなら、栄養の偏りの他にも、分業され生産者の顔の見えない食材は、薬の使用や流通経路のわからない偽装、様々な理由で添加物が加えられ、安全性の問題を多くはらんでいるからです。今後はTPP(環太平洋パートナーシップ)により、さらに多くの不透明な食品が出回る事になります。


話が逸れましたが、在来の食事が現在では変化し、野菜・豆類の摂取が肉・卵の摂取に入れ替わり、魅力あふれるおかずの増加は、ごはんの摂取量を減らしてしまいました。米消費量の減少と期を同じくして大きく減ったものは食物繊維です。しかし、精白米のご飯と食パンは食品成分表で比較すると、100kcalあたりでも100gあたりでも、含まれる食物繊維量は食パンの方が微量に上回っています。ということは、在来食を多く取り入れるといっても、パンからご飯にするのでは意義は薄く、麦や玄米をいれてご飯を炊く、豆や野菜を補充する事も工夫されるべきでしょう。

また、多様化した生活習慣で、一日二食が習慣化していると、一日の熱量を満たせず、栄養素も不十分です。それを間食や晩酌で熱量だけ満たしているのでは、健康を害する可能性があります。可能性の話であれば良いですが、脂肪肝や境界型糖尿病のように「半健康」の状態で、自分の体を軽視して生活習慣を変えないのは決して良い事とは思えません。


三食をリズムよく、均等に食べる事。ご自分の満足できる仕事やライフワークの実現は体の機能が保たれてこそできるのだと思います。最後まで生活の質を良好に保つため、今一度食事を見直してはいかがですか。




2013/9/15発行

管理栄養士

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー