ひろば183号 たかが脂肪肝、されど脂肪肝

私たちが、日常摂取した食物は腸から吸収され、門脈という肝臓に特有の血管で、肝臓に送られて、体に必要な成分につくりかえられます。肝臓は合成、貯蔵、解毒などどんな大きなコンビナートにも勝る機能を持っています。

腸から送られてきた糖や脂肪は肝細胞の中に中性脂肪として蓄えられ、必要に応じて全身に送り出されて、エネルギーとして使われます。過剰に摂取した栄養物は肝臓では脂肪肝として貯えられ、また、皮下や腹膜の脂肪細胞に蓄積され、肥満状態となります。脂肪肝であっても特に症状はありませんから、多くは、検診で肝機能検査を機に発見されます。



脂肪肝の肝機能

肝機能のALT(GPT)値の正常は30以下とされていますが、本当に健康な人では20以下です。ですから、特に病気がない場合、20を超したところから、さらに、詳しい検査(超音波、CT、糖代謝検査)を受けた方がいいでしょう。



アルコールや肥満

大酒(毎日、日本酒3合以上)を続けると、やがて、アルコール性脂肪性肝炎、肝硬変まで進み、飲み続けると不幸な結果になります。ところが、アルコールをとらないのに、お酒のみと同じような肝臓の変化がある状態が肥満のヒトで見つかり、これを非アルコール性脂肪性肝炎(NASH= Non- Alcoholic Steato Hepatitis・ナッシュ)とよびます。NASHは進行性で、肝硬変症さらに肝がんまで進行することが注目されています。

NASHの患者さんをみると、肥満のほかに、往々、糖尿病や血糖値が高い状態であることがわかってきました。糖尿病は一般には、膵臓から分泌されるインスリンが不足した状態をいいますが、NASHや、NASHにまで至らない肝機能異常を持った広い概念の非アルコール性脂肪性肝疾患の患者さんはインスリン値が高い状態にあることが認められ、これをインスリン抵抗性と呼んでいます。インスリン抵抗性は生活習慣病=メタボリック症候群と同義語です。このような患者さんを治療する時のキーワードになっています。



脂肪肝の治療

脂肪肝の治療には、インスリン抵抗性を解消する対策として肥満を解消させることになります。肥満の解消といってもなかなか努力が続かないのが現実です。そう、努力というと、まじめな患者さんほど頑張るのですが、頑張ると疲れて、いつの間にか、姿が見えなくなります。どのようにして日常生活の中で体重を減らしたらいいでしょうか。

今、私が患者さんにお勧めしている、脱脂肪肝対策です。

  • 毎日、起きたら体重計に乗り、前日よりも増えていないか、減っていないかをチェック=体重に関心を持つ。
  • 体重の動きを指標にその日の食事量を考える。
  • 食事は米飯を中心にして、その日の体重成績に従い、ご飯を加減する。
  • 規則的な生活ー太陽の動きに合わせる。体内時計を狂わせない。早寝、早起きをする。。
  • 持続可能な運動ー毎日屋内での仕事量を増やす。片付け、掃除などを男性も協力する。女性は間食を避ける。様々なスポーツの動きをまねする。ボクシング、相撲、サッカー、野球のいろいろな動作等々、普段動かさない筋肉をのばす。短時間でいいから、何回も続ける。屋外に出られないという理由で運動しないのは駄目。続けることが大切。


時には、治療にインスリン抵抗性改善剤を使います。


図:肥満の解消と薬物治療(アクトス)の奏功した例

脂肪肝


約13年間で当初の体重より5%減らし、肝機能も正常化、糖の指標になるグリコアルブミンも正常域になりました。この間、インスリン抵抗性の指標(HOMA-IR)も、解消しています。




2013/9/15発行

医師 相川達也

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリー