ひろば183号 慢性心不全の日常管理 ー入退院を繰り返さないためにー

日本の死因順位をみますと、第一位は悪性新生物(癌など)で第二位は心疾患です。心疾患には当然心不全も入ります。殆どの心疾患の終末的病態が心不全だからです。また心不全は心疾患だけでなく、肺疾患・高血圧・主要臓器の老化によっても発症します。高齢化に伴い、慢性心不全は増加しつつあります。慢性心不全の症状については、ひろば(180号)で述べましたが、今回は慢性心不全にならないように、あるいは悪くならないようにするのに必要な日常生活管理について述べたいと思います。慢性心不全で入院された方の一年以内の再入院率は日本では40%、米国(コロンビア大学)で70%という統計があります。そして、再入院の原因は医学的なものより、自己管理の不徹底によるものの方が多いとのことです。


それでは再入院する方と入院せずに生活を維持されている方との違いは何なのでしょうか。それには、先ず慢性心不全と言う病気を理解することだと思います。慢性心不全は前述いたしましたように全ての心疾患の末期ですから完治する事はなく、確実に徐々に進行していきます。ですから、息切れ・むくみなどの症状が改善し、退院となっても病気が治ったわけではないのです。日常生活を上手にコントロールしなければ入退院を繰り返してそれこそ人生の終末です。入院なさって、点滴など加療を受け改善してもそれは薬物だけの力ではありません。


入院中の安静・塩分制限した食餌・規則正しい生活など統べてが影響し合って改善するのです。しつこいようですが治癒したわけではなく、退院後はこれらをご自分であるいはご家族と共に管理していかなければ、心臓は再び耐えられなくなり急性増悪の形をとるわけです。それでは自己管理はどのようにすれば良いのでしょうか。列挙してみます。



一、水分と塩分の制限

利尿剤といって尿を出す薬を飲むことが多いのですが塩分過多ですと、体内水分貯留は防げません。塩分は一日6〜7gくらいが適量と言われています。水分量は個々人異なります。むくんでいない時の体重を目安にして、朝晩毎日体重を測定して下さい。2坩幣綢僚鼎増えたら危険信号です。心不全が悪くなった可能性があります。


二、禁酒・禁煙

アルコール性心筋症と言う病気もあるくらい、アルコールで心臓は障害されます。禁煙は当然です。


三、運動の制限

当然息切れするような運動はいけません。息切れは心臓が悲鳴をあげているのです。重いものを持ったり、急坂・階段も出来るだけ避けたいのですが、無理なときにはゆっくり休み休みあがって下さい。


四、過労を避ける

仕事をなさっている方は特に注意です。仕事を辞める方・減らせる方は良いのですが、やむを得ず続けられる方も多いと思います。その方は特に日常管理が必要です。精神的・身体的に落ち着いた生活が理想なのですが。無理しないように。


五、服薬をきちんとする

服薬を中断したり、いい加減な飲み方により再入院される方も多いです。心臓の薬は飲み方を間違えると少量でも副作用がでたり、効果がない事もありますので処方通りに内服してください。


六、その他

風邪を引くと心不全は増悪しますので早めに受診を。時に鎮痛解熱剤はむくみや肺のうっ血の原因となりますので、やたら服用しない方が良いです。急激な温度差も良くないし、熱いお風呂に首までつかって、長湯するのも良くありません。

慢性心不全の状態になってしまった患者さんは、一生治癒することはなく、むしろ加齢と共に悪くなる傾向が強いのですから、これらのことを注意なさって、よりよい生活を送っていただきたいと思います。




2013/9/15発行

医師 相川礼子

『肝臓』学会誌に掲載

学会誌



これまで、日本にはみられないとされていた、B型肝炎ウイルスによる急性肝炎患者さんが、発見されています。いったん感染すると経過はこれまでのウイルス感染に比べ、経過が長い事例が多いようで、それだけ、感染頻度は高いのが特徴です。

筑波記念病院と相川内科の患者さんの報告が、肝臓学会誌に掲載されました。




2013.7.15発行

相川 達也

甲状腺がんの検査

6月5日に福島県が開催した「県民健康管理調査検討委員会」(星北斗座長)で、2011年度と2012年度の2年間で17万5千499人の子供が、甲状腺の超音波検査を受け、二次検査を受けた421人から、27人が「甲状腺がんまたはその疑い、内12人は確実にがん」であったと報告されました。「子供の甲状腺がんは100万人に1〜2人」と福島医大の教授たちが言う数字と比較して、17万人余から、確実にがんとされた子供が12人ですから、100万人あたりでは70人と、大変大きな数字になります。原発事故の影響ではないと、福島医大の教授たちは言いますが、甲状腺がんはチェルノブイリ事故で多発したことが、国連機関で公認されています。事故との関わりを議論するよりも、更に広く、水戸も含めて、被爆した人々をしっかり検査し、発見されたらすぐに、処置をする現実的な対応が迫られています。当院でも甲状腺検査を行っています。検査をご希望の方は医師にご相談ください。




当院の甲状腺検査

【画像診断(超音波検査)】

当院での甲状腺超音波検査は、のどの部分に検査用のゼリーを塗り、プローブと呼ばれる機械を当てて、下記の「検査のポイント」について行います。検査にかかる時間は、およそ10〜15分ほどになります。


甲状腺



検査のポイント

  • 大きさの計測(模式図a・bの大きさ、峡部(最も細い部分)の幅)
  • 表面の形状を観察
  • 内部エコーの様子を観察
  • 膿胞、石灰化、腫瘤などの有無を確認
  • 内部の血流の様子を観察


【血液検査】
  • 甲状腺の機能検査
    • 正常に機能しているかを調べます
    • 甲状腺ホルモン(TSH、F-T3、F-T4)
    • サイログロブリン(Tg)、抗サイログロブリン抗体(Tg-Ab)
    • 抗甲状腺ペリオキシダーゼ抗体(TPO-Ab)など
  • 甲状腺の腫瘍マーカー
    • 腫瘍が有るかを調べます
    • CEA、カルシトニン、など



2013.7.15発行

相川 達也

ひろば182号 当院のB型肝炎ウイルスによる急性肝炎 − 最近の特徴 −

今回は当院でB型急性肝炎の患者さんから教えられた事を気の付くままにお話したいと思います。その前に、唐突ですが、嘗てこの「ひろば」(158号と164号)で、B型肝炎ウイルス(ここではHBVと略します)のゲノタイプ(遺伝子型)をお話させていただきましたが、そのゲノタイプが今回の話では重要な鍵の一つとなっています。HBVはその遺伝子を構成している塩基の並び方の違いの程度によってグループ分けをしていて、これをゲノタイプと呼んで、そのゲノタイプの名前をそれぞれA、B、C…と名付けていて、しかも互いの性格も異なる、と言う事を思い出していただければと思います。

第14回 患者さんとご家族のための勉強会

終了しました。たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。



講演内容


「肝疾患と漢方治療」


医療法人社団 相川会 相川内科病院


副院長  小島 眞樹


平成25年9月28日 土曜日

開場:14時30分

講演:15時00分〜16時30分

会場:デイサービスセンター千波湖倶楽部2階 会議室(旧コアクリニック)

定員:30名

ひろば181号 フクシマ原発事故での甲状腺ガン問題

今年2月13日に、福島県民健康管理調査検討委員会が、0歳から18才まで若年者を対象に実施した甲状腺ガンの検診結果を発表しました。それによると、3名の甲状腺ガンが発見され、すでに手術は済んでいること、その他に7名が組織検査で甲状腺ガンとされています。福島医大、石川、鈴木の二人の教授は記者会見で、多発していることは認めましたが、因果関係については原発事故以前に発症したもので、事故との関連を否定しました。

第13回 患者さんとご家族のための勉強会

終了しました。たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。


講演内容


「脂肪肝、されど脂肪肝」


医療法人社団 相川会 相川内科病院


院長 相川 達也


平成25年6月28日 金曜日

開場:14時30分

講演:15時00分〜16時30分

会場:デイサービスセンター千波湖倶楽部2階 会議室(旧コアクリニック)

ひろば180号 外国人が福島原発災害をどう見ているか4 TonyBoys(翻訳業)

それでも、なぜ原発が必要だというのか

外国人の目に福島原発災害がどのように映るかということを3回の記事で考えてきた。これまで、放射性物質が人間の身体に 入ってしまった場合の内部被曝による健康被害、原発の経済問題や使用済み放射性廃棄物処理の問題について簡単に紹介したが、多くの読者には恐らく「こんな大変なことなら、一体なぜそもそも原発を造ろうとするのだろうか」という疑問が湧いてくるのではないかと思う。ここで、その疑問に答えるよう、原発への固執を考えてみたいと思う。大きく分けて、2つの理由がありそうだ。ひとつは「経済成長のため」で、もうひとつは「他国、特に米国との付き合いのため」である。

生活習慣病と肝疾患

社会構造の視点からの考察

1 肝疾患の増加

健康診断をすると約3割の方に肝機能障害が見つかります。殆どが脂肪肝(肝臓の細胞内に過剰に脂肪が蓄積した状態)であり、主な原因は体重増加と過剰な脂肪の摂取です。今回は生活習慣が元で生じる肝臓病についての話題です。但し、読者の方々が目にする機会も多い話題ですので、少し切り口を変えてみたいと思います。日本の社会構造の変化を概観して、如何に日本人が運動不足になってきたのかをまず検証します。次に回を変えて食生活の変化も解説したいと思います。

心不全

心不全という言葉は、皆さんお聞きになったことがあると思います。心不全というのは、簡単に言いますと、「症状を伴う心室機能障害」と定義されます。今の医学でも難治性疾患で、心不全の原因あるいはその程度にも因りますが、心不全症状を起こした方の約5割は5年以内に亡くなっておられます。しかも、高齢化に伴い有病者数は急増しています。この怖い心不全について解説致します。

続きを読む >>
<< | 2/6PAGES | >>

カテゴリー