γ-GTP異常でわかる病気

γ-GTPは検診を受けると肝機能検査の一項目にこれがあります。この検査が異常とされた時、何を考えるかはなかなか難問です。想定される原因は、飲酒習慣によるアルコール性肝障害、肥満や脂質代謝異常などでの脂肪肝が一般的ですが、最近気になるγ-GTPが異常となる病気を2つばかり説明いたします。

食中毒

これからの季節は食中毒が増えてきます。当然冬季にもみられるのですが特に夏は暑く湿気が多いので、原因となる細菌が増えやすく食中毒の発生が多くなります。それでは食中毒とは何でしょう。

食中毒は原因となる物質により、大きく4つに分類されています。



細菌によるもの

感染型食中毒

摂取した食物の中の細菌が腸管で増殖して生じるので症状が出るまでにある程度時間があります。短い腸炎ビブリオで12時間、サルモネラで12〜48時間、カンピロバクターやエルニシアとなると2?7日後に発症しますので、何が原因か判らなくなることもあります。


主な菌とその特徴
『サルモネラ菌』
生肉、食肉加工品、鶏卵、淡水魚、ペットが感染源。75度、1分以上の加熱で死滅、卵や生肉は4度以下で保存、卵の殻に付着していることもあるので、卵は容器に入れて保管するように。熱に弱い分乾燥に強く冷凍食品の中でも数年生きることができます。
『腸炎ビブリオ』
近海の魚介類、汚染された調理器具、特に夏季に多いので、初夏から秋にかけての近海物の魚には注意が必要です。特にエラ、腸、鱗にかくれていますので調理での注意が必要です。真水、加熱に弱く、65度、1分以上の加熱で死滅。
『カンピロバクター』
生肉(特に鶏肉、牛レバー)75℃、1分以上の加熱で死滅、低温、冷蔵庫の中でも繁殖します。ペットにも注意が必要ですので、ペットとキスはしないように。
『エルニシア菌』
牛乳、乳製品、食肉などの冷蔵品とペット。75度、1分間の加熱で死滅、低温細菌で冷蔵庫の中でも繁殖するので冷蔵庫を過信しないように。増殖速度は遅いので早めに食しましょう。充分加熱すれば問題ありません。

これらの感染型食中毒の症状は一般的に腹痛、嘔吐、激しい下痢など急性胃腸炎症状と発熱で特にサルモネラは長期に排菌するので注意が必です。

血圧と心臓の話 後編

今回は前回に続き高血圧と心臓のお話です。前回は高血圧について述べました。今回はどうして高血圧がいけないのか、何故治療が必要かについて述べたいと思います。

高血圧の合併症

何故高血圧を治療しなければならないかと申しますと、血圧を放置しておく事によって

  1. 脳血管障害:脳梗塞、無症候性脳血管障害
  2. 心疾患:冠動脈疾患、心不全、心肥大、心房細動
  3. 腎疾患:腎不全
  4. 血管疾患:大動脈瘤、動脈硬化性末梢動脈閉塞症

などが生じてきます。今回は2の心疾患についてのお話です。

高血圧によって引き起こされる心臓病の代表的なものが冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症など)心不全、心房細動、心肥大です。もちろんこれらは高血圧によってのみ発症するわけではありませんが、強い原因となります。その中でも、生命予後に強い関わりを持つ心筋梗塞と狭心症、そして増えている心房細動について述べさせていただきます。

血圧と心臓の話 前編

はじめに

日本高血圧学会で作成された高血圧治療ガイドライン2009によりますと、30歳以上の男女の半数近くが、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上、あるいは降圧剤内服中で、日本の高血圧者の総数は3600万人とも4000万人とも言われています。

血圧が高いほど、脳卒中、心筋梗塞などの心臓疾患、腎臓病に罹患する率が高く、特に心臓病は全年齢層で血圧が高い人ほど、罹患率、死亡率が高くなっています。しかし若い人ほど未治療の人が多く8?9割の方が高血圧に対して何の対策もとっていませんし、その他の年齢層でも約半数の方が、十分な降圧がされず管理不十分と言われています。



血圧とは

心臓は収縮と拡張をくり返して血液を全身に送り出しています。動脈の中の圧はそれに応じて上下し、心臓の収縮で最高になった時の値が最高血圧、又は収縮期血圧で、心臓の拡張により最低になった時の値が最低血圧、又は拡張期血圧です。

B型肝炎の様々な顔

今年の4月から、肝炎治療費助成制度の第二弾ともいえる改定が行われ、広い範囲にわたって肝炎患者さんに対する治療援助が行われます。できれば、ひろばに具体的な制度の変更点、改善点などを書こうと、行政の発表を待っていましたが、こうして書いている3月20日の時点では、全体の姿が見られません。ただし、今度の改正で、これまで助成の対象外であった、B型肝炎治療の内服薬の核酸アナログ製剤(バラクルードなど)が対象になることは確実なので、B型肝炎の現在の姿をご紹介することとしました。

B型肝炎の治療を、C型肝炎と比較するときに最も違うところは、ウイルスを排除できたという、単一の基準が作れないということです。それはB型肝炎ウイルスが様々に変化して(遺伝子が変異して)、病態を複雑にしているからです。

眼で見る病気15 大腸憩室

大腸憩室とは

大腸憩室とは大腸粘膜の一部が腸管内圧の上昇により、嚢状になったものをいいます。大腸憩室が多くできた状態を大腸憩室症といいます。大腸憩室は、先天性憩室と後天性憩室に分けられますが大腸憩室の大部分は後天性憩室で、比較的高齢者に多く発生する病気です。近年、大腸憩室の人は増加しています。


大腸憩室の原因

大腸憩室の第1の原因は、大腸腸管内圧の上昇があげられます。すなわち、最近の食生活の欧米化とともに肉食が多く食物繊維の摂取量が減少したため、便秘や腸管のれん縮、ひいては腸管内圧の上昇を起こしやすくなったためと考えらます。第2の原因として、加齢による腸管壁のぜい弱化が考えられます。その他、体質、人種、遺伝、生活環境などの要因も複雑に絡み合って発生すると考えられています。


大腸憩室の症状

症状としては、多くは無症状のまま経過しますが時に便通異常、下痢、軟便、便秘、腹部膨満感、腹痛などの腸運動異常に基づく症状を起こします。合併症としては、憩室の出血や憩室炎が10〜20%の頻度で発生し強い腹痛、下痢、発熱、血便などを伴うこともあります。憩室炎は、憩室内に便がたまって起こるとされていますが、進行すると穿孔、穿孔性腹膜炎、狭窄による腸閉塞、周囲臓器との瘻孔形成なども生じることがあります。


検査と診断

大腸憩室症の検査には、注腸造影X線検査が最も有用です。大腸内視鏡検査でも粘膜面に円形、または楕円形のくぼみとして認められますが憩室そのものは注腸X線検査が一番です。しかし、合併症として出血を伴う場合は大腸内視鏡検査が第一選択です。大量出血では血管造影が必要、また憩室炎の合併時には、腹部超音波、CT検査、MRIなどの検査が必要です。


治療の方法

無症状であれば、特に治療の必要性はないですが、腸運動異常に伴う症状があるときは薬物の投与が必要になり、また、憩室炎を合併した場合には、入院の上、絶食、輸液、抗生剤の投与が必要になったりします。憩室出血の多くはこの治療で止血しますが、大量出血が持続する場合は血管造影や内視鏡により止血術が必要になります。保存的治療で軽快しない場合、再発を繰り返す場合、腹膜炎や腸閉塞の場合は外科的治療が必要になります。


【CT検査】

腸管の外側に突出した憩室を確認できる

CT

【注腸検査】

腸管の外側に突出した憩室を確認できる

BE

【内視鏡検査】

腸管内部からの観察では憩室の入り口が確認できる

ES


2010/1/15発行

放射線技師

肝機能が異常と言われたとき

今日では医療機関を受診したとき、あるいは健診を受けたときにも肝機能検査は日常的に行われるなじみの検査です。しかし、多くの肝機能検査の項目のなかで、どれかが異常だとわかっても異常の原因をすぐに特定することは困難です。


日常的にその中でAST(GOT)、ALT(GPT)の値が高くなる肝機能障害では例え症状がなくとも肝炎ウイルスの感染を忘れてはなりません。肝炎ウイルスには輸血や覚醒剤の回し打ち、刺青、まれにはピアスや鍼で感染するB型、C型肝炎とウイルスに汚染された食物や水から(経口的)感染するA型、E型肝炎があります。A型とE型肝炎は悪い衛生環境で生活している人々に感染しますので、衛生状態の改善されたわが国では過去のものと思われていますが、まさに忘れたころに、A型、E型肝炎の患者さんに遭遇します



ことにE型肝炎の検査は教科書的にはわが国では発生しないとされているため、まだ、保険診療にも取り入れられていないので、見のがされてしまいます。しかし、流行地に滞在してE型肝炎に感染した人の他に海外旅行をしないのに感染した人があることもわかってきて、日本にも土着のウイルスがあることが証明されました。日本のE型肝炎の患者さんは中年以上の男性が多いのですが、私たちは妊婦さんが感染していた事例を経験しました。妊婦が感染すると、ことに妊娠後期での感染は重症化し、死亡することも多いとされていることから特別に注目されています。この患者さんは幸い軽症ですみましたが、わが国では妊婦の感染が初めて発見されたことで学会誌に報告いたしました。このように初診時に主治医が肝機能検査をしたことが発見につながりました。今では私たちは急性肝炎の中でE型肝炎が決して少なくないことを知りましたので、肝機能異常があったら必ずE型肝炎ウイルスの検査をすべきだと考えています。




2009/11/15発行

医師 相川達也

熱中症

強い日差しの中に長時間いると体温が上昇し、気分が悪く、めまい、頭痛、吐き気などを起こしてきます。汗も出しきって、皮膚は乾燥し、息苦しくなってきます。時に失神することもあります。この状態を日射病と呼んでいます。


一方、高温、多湿、無風といった環境の中で激しい労働や運動をしていて、体温調整ができなくなった状態を熱射病と呼んでいます。


どちらも高温による障害で、今日では熱中症という言葉にまとめられています。


熱中症は高温の外部環境と、激しい運動による体の内部からの熱で体温の調節機構が異常を来し、体温の上昇により、体の諸臓器、器官がまっとうに働かなくなります。老人や幼児では体温の調節機能が万全でなく、自身は運動をしていなくとも、もっぱら暑い外部環境だけで熱中症に陥ります。


高温環境で体温が39〜40度にも上昇すると、細胞の酵素の働きが障害され、細胞自身が死んでしまい、代謝経路が壊され、生体の生活活動の系統が破綻し、時に死亡することもあります。


熱中症になると、頭痛、疲労感、めまい、吐き気などが始まり、筋肉の痙攣を起こすこともまれではありません。老人ではもともと、体温調節能力が衰えている上に、心臓、循環器の障害があって、病状は若者にくらべ深刻です。前記の症状に加え、顔面蒼白、多量の発汗、起立性低血圧で立ち上がれなくなり、精神状態も不穏になります。40度を越す発熱もあります。


熱中症に陥ったら、素早い治療が決め手です。救急車を手配し、その間に患者を涼しい環境に移し、衣服を脱がし、風を送り、冷たい水で体を拭き、霧吹きで水を体に吹きかけ気化熱で体温を下げます。脇の下などを氷や冷却剤で冷やします。呼びかけたりして意識があるかを確かめ、意識があれば冷水、あるいはスポーツドリンクなどを飲ませます。ふくらはぎなど全身ではない痙攣があればその部位を冷やし、食塩水、あるいはスポーツドリンクを飲ませます。血管が拡張して脈拍が微弱だったり、手足が冷たかったりしたら、足を高めにし、四肢のマッサージをします。


熱中症の予防には外部環境に応じた運動を指導することです。精神主義に偏したしごきや、水の補給を禁じたトレーニングを指導している例がありますが、全く無意味で有害です。


老人は渇感が鈍くなり水分補給が少なかったり、頻尿を恐れて自ら制限していることもありますが、飲水を心がけてください。




2009/7/15発行

医師 相川達也

メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームという言葉が使われて4年経ちました。今では巷で、私メタボでしてとか、歩くメタボ、メタボ会社、メタボ検診などなど言葉が氾濫しています。太った方を何となくメタボさん、なんて言っています、さらに、5月に当院で開催した看護の日の催しでも、これを取り上げて管理栄養士や看護師達職員がご説明しましたが、なかなか理解できなかったとの声がございました。確かに理解しにくい点もありますので、実際のメタボリックシンドロームとは何なのか、その定義、予防・対策など解説してみたいと思います。

認知症

はじめに

認知症は、以前「痴呆」といわれた病気の概念を示す言葉です。2004年厚生労働省の用語検討会で、差別的にひびく「痴呆」から「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられました。そこで「認知症」は痴呆に代わる用語として行政分野に登場し、その後、医療分野でも用いられるようになりました。

続きを読む >>
<< | 2/2PAGES |

カテゴリー