CAVI検査

このたび、当院の動脈硬化を検査する機械が新しくなりました。

従来の機械は、心臓の拍動による血管の振動(脈波)の伝わる速度(脈波伝播速度 PWV)を測定して動脈硬化の程度の指標とする方法でした。

今回新しく当院に導入された機械は、PWVからCAVIという指数を算出して動脈硬化の程度の指標とする方法です。



CAVIの検査方法の特徴

1.測定対象とする血管は心臓から足首まで
測定する脈波伝播速度(PWV)は、脈波のスタートである心臓弁の開放した時から、足首に到達するまでの、標準法とされている大動脈原法に即した測定方法と言われています。(従来の方法は、対象血管の始まる部位が不明瞭で、どちらかというと下肢の血管を反映していると言われていました)
2.血圧依存性を抑える
CAVIは、血圧に影響を受けない生体の物性を現すβ法という理論に基づいて算出された指数となります。(従来法では、血圧の変化によって測定値も変化すると言われていました)
3.血管反射神経の影響を抑えた測定方法
血圧を測定する時、両手両足首を左右別々に測定することで、血管反射神経による血管のけいれんの反応を抑えています。


動脈硬化度を評価する場合、2つの指標で検査結果を評価し被検者に説明します。

1つは、表のようにCAVI値に対する評価です。

2つめは、下の年齢グラフで表すように、血管の相当年齢です。


CAVI値に対する評価
CAVI値診断基準
11今回の検査では所見が認められます。
血管が硬くなっている状態です。
10
9以上
9未満境界ゾーンです。
8以上
8未満今回の検査では異常はありません。
血管が柔らかい状態です。

血管年齢は、血管の老化の度合いを示すには非常に説得力のある指標ですが、重要なのは測定結果がいき値(血管障害が起こるリスクが高くなるCAVI値)を超えているかどうかです。


今回のCAVI測定値(縦軸)と被検者の実年齢(横軸)の交差する所に丸印●をマークします。

相当年齢は、計測値から実年齢と標準偏差を考慮して求め、下矢印線で相当年齢を示します。

左右のCAVIを測定した場合には右足を黒丸●、左足を緑丸○で表示しています。


血管年齢判定グラフ

CAVI



2013/3/15発行

検査室

ひろば179号 外国人が福島原発災害をどう見ているか3 TonyBoys(翻訳業)

原発の安全が保証できない経済構造

前回、内部被曝の危険性について説明したが、今回はなぜ地震の多い日本で原発が安全に運営できない構造的な問題について、欧州の事情と関連して考えてみたいと思う。日本の原発の安全性は、基本的に欧米、特に米国と大きく異なるわけではない。しかし、地震の危険性がはるかに大きい日本では、それはおかしな話ではないだろうか。50以上の原発を有する日本について、多くの外国人は「地震が非常に多い日本では、もともと原発を作るのが間違いだ」という。それでも、一応原発を作るということになったら、技術立国日本こそ安全に運営できる様々な工夫を凝らし、しっかりした安全計画と有能な技師や運転員の下で運営するということが当然期待される。しかし、2011年3月11日以降判明したことは、決して現在の日本の原発はそうでなかったことである。

ひろば178号 浪江町から避難して

2011年3月11日の東日本大震災後、水戸に避難なさったご夫妻にお話を伺いました。震災直後から水戸へ避難なさるまでの経緯を伺い、いくつかの質問をさせていただきました。ご夫妻のお宅は福島県浪江町川添蔵前で福島第一原発から10匏内でした。

ひろば178号 外国人が福島原発災害をどう見ているか2 TonyBoys(翻訳業)

内部被曝の危険性をめぐる欧米での議論

前回、内部被曝の危険性について説明すると約束した。長いこと欧米では、原子力産業の人たちが一般向けに次のようなことを強調してきた。1.自然バックグラウンド放射線はどこにもあるが、これで癌などになる人はいないので、それ以下の放射線で健康被害が出るということが考えられないということと、2.ある線量以下では(例えば年間20ミリシーバート[mSv])健康への被害はないということだ。

1.については、確かに日本では、自然バックグラウンド放射線は毎時0.04〜0.1マイクロシーバート(μSv、mSvの千分の一)で、1年間の線量に換算すれば、0.35〜0.88mSvとなる。そんなことについて、誰も気にかけていないのに、なぜ原発事故が起こってしまったときに低線量による健康被害が問題になるのか。実はその訳がちゃんとある。 2.については、日本で起きたことと深い関係がある。それは広島と長崎に投下された原爆のことだ。戦後、アメリカ指導の被曝者研究が長いことなされたが、その成果が現在全世界で使われている放射線許容量となっている。しかし、原爆投下と原発事故とは同じものではない。ごく簡単に言えば、原爆は瞬間に起きてしまう大きな外部被曝だ。その後、環境にある原爆由来の放射性物質が体内に入れば、内部被曝も起きるが、アメリカ指導の被曝者研究はほとんどそれを無視した。原発事故のときは、逆に外部被曝が比較的小さく、原発からまき散らされた放射性物質が環境を汚染することから、呼吸と飲食によって体内に入ってくるのが大きな問題になる。

目で見る病気19 肝臓の硬さを見る〜エラストグラフィ〜

ウイルス性肝炎などの慢性肝疾患が進行すると肝臓の組織に線維化が起こり、硬くなってきます。この硬さの程度を測定することができれば、慢性肝障害の進行の程度を知ることが出来るのですが、現在、肝臓の硬さを測定する標準的な検査方法は、肝に針を刺して肝組織を採取して調べる肝生検という検査方法です。しかし、患者さんに侵襲性のある検査で、繰り返して検査を行うことはできませんでした。

ひろば177号 外国人が福島原発災害をどう見ているか1 TonyBoys(翻訳業)

2011年3月11日から、もう1年半の歳月が流れたが、この日に起きたことを日本にいる人々は一日も忘れたことがないだろうと思う。地震、津波、東北3県の想像を絶する災害、そして福島第一原発の事故。皆様も、そのころの記憶が鮮明に残っているのではないだろうか。その日の午後2時46分、私は家にいた。日本に暮らしてから、ときに起きる地震に慣れたつもりだったが、こんなに恐怖を覚えたことがないほど激しくて長い揺れだった。我が家では、棚から本が落ちて多少、ものが壊れる以外には何も被害がなかったが、その瞬間とそれにつづいた津波で惜しくも命を落としてしまった人々や、また家を含めてすべてを失った多数の方々のことを考えれば、何と幸運なのだろうと痛感した。

CH50とは

CH50と聞いても、検診等で行う項目でもありませんし、馴染がある方は少ないかと思います。CH50とは、補体と呼ばれる値の一つです。


補体とは

体内に侵入してきた病原体と戦う生体反応を補助するタンパク質の一群を示しています。補体には20種類以上の成分があり、普段は不活性の状態で血液の血清中に存在し、体内を循環しています。

病原体に接触することで最初の補体成分にスイッチが入り、次の補体成分、さらに次の補体成分へとドミノ倒しのように次々と反応が進んでいきます(カスケード反応)。この反応には3つの経路(古典経路・レクチン経路・第二経路)がありますが、最終的に、病原体の表面に補体が集合して穴を開けます。その結果、病原体は融解され、排除することができるのです。


CH50とは

ある条件のもとで測定した補体の活性量をCH50といいます。CH50の"C"はcomplement(補体)の頭文字で、50は検査方法に由来しています。具体的には、羊の赤血球を用意し血清と混ぜ、50%溶血させるのに必要な血清の量から求めます。現在はこの変法が用いられて、自動分析器で測定しています。


CH50値で分かることは

当院での基準値は36〜60U/mlです。

補体は病原体の感染防御を担っており、少なくては感染しやすくなってしまいますし、かといって多すぎても壊さなくてよいもの(自分の細胞)まで壊してしまうため問題があります。

補体成分には感染が起こったときに増えるものがいくつかあるため、急性感染症や炎症がある際に高値を示します。消費されてしまって少ない場合と、もともとの生産が少ない場合には、低値を示します。自己免疫疾患や膠原病がこの前者にあたります。補体の値は炎症の目安に用いられ、免疫病の診断補助になります。急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などは後者にあたります。補体は肝臓で生産されるため、肝臓の機能が低下していると、生産されにくく低値を示します。


当院では

CH50-0とCH50-72という形で2回測定を行っています。CH50-0は、採血後速やかに(0時間で)測定し、CH50-72は、採血後低温で72時間保存後(3日後)に測定した結果になっています。

肝疾患、特にC型肝疾患の方では、低温にて血清を保存しておくと、C型肝炎ウイルス感染の誘導により生成されるクリオグロブリンと接触し、カスケード反応が進んで低値を示すことがあります(CA:コールドアクチベーションと言います)。

CH50-0とCH50-72を比較した際、数値が低くなっていたらCAが起きているということになり、C型肝炎ウイルス量の量的変動の目安や肝炎症状の診断補助に用いられています。




2012/9/15発行

検査室

ひろば176号 福島市〜飯舘村〜南相馬市を訪問する機会がありました

東日本大震災・福島原発事故から1年以上が過ぎました。復興に向けて日本全体が一丸になり努力し、幾つかは明るいニュースも見受けられます。この5月下旬に、被災地への医療協力で南相馬市に行く機会がありました。その途中に飯舘村を通りました。ここは大震災後の被災地だけでなく、原発事故による直接の影響を受けた地として全国的に有名なところです。その状況についてはたくさんの情報が多くのマスメディアで報道されてきましたが、現実は報道を遙かに超える厳しい状況であると感じました。一個人の雑感ではありますが、見たこと感じたことをほんの一部ですがご紹介します。

慢性肝疾患と血小板

血小板数でわかること

1 門脈圧亢進症と脾機能亢進症

門脈は胃や腸からの血液を肝臓に運ぶ血管です。その圧力は5〜10mmHgです。心臓から全身に血液を運ぶための動脈の圧(いわゆる血圧)は70〜120mmHg ですから、かなり低いことが分かります。門脈圧亢進症とはこの門脈の圧が高くなることです。門脈圧亢進症をきたす主な疾患は肝硬変、特発性門脈圧亢進症、肝外門脈閉塞症、Budd-Chiari症候群の4つで、このうち肝硬変が80%を占めます。肝臓が硬くなると血液が流れ込みにくくなるため、門脈の圧が高くなるのです。門脈圧亢進症になると様々な症状が現れます。腹水と食道静脈瘤が主なものです。肝硬変の患者さん全員に腹水や食道静脈瘤が発症するわけではありませんが、腹水や食道静脈瘤があると門脈圧亢進症があると判断します。

さて、門脈圧亢進症にはもう一つ重要な症状があります。それは脾機能亢進症です。脾臓からの血液も門脈を通って肝臓に入るため、門脈圧亢進症になると脾臓にも負担がかかります。そのため脾臓が腫れ、その機能が強すぎる状態となり、亢進症と呼ばれます。脾臓の機能の一つは寿命を迎えた白血球、赤血球、血小板を破壊することですから脾機能亢進症ではこれらの血球が過剰に壊され、血液中の血球が減少します。特に血小板の低下が臨床的に問題となります。

咀嚼を考える

食物連鎖の頂点にたっているヒトは原始生命体から今日まで、延々と生命活動のエネルギーを外部の世界から採り入れて進化してきたのです。今、成長し、生殖し、活発な日常生活の活動源として当然のように食物をとっていますが、これを支えているのが消化活動です。

続きを読む >>
<< | 3/6PAGES | >>

カテゴリー